2015年07月30日

通院日

びー、通院日でした。
週1になった皮下輸液の日。
体重が80g落ちました。
毛玉のせいで皮膚の薄皮が剥がれたので
塗り薬をもらいました。

自宅では毎日1回飲み薬を投与してます。

いまのところ、食欲旺盛。
1日4回〜5回にわけて腎臓サポートを2袋食べてます。
時々、スープタイプの総合栄養食にしてみたりと
できるだけ水分を自力で摂取できるようにと工夫中。

先生からはいつ食欲がなくなってもおかしくないと言われてます。
食欲がなくなり、ぐったりして動かなくなったときが覚悟の時だと。
いまどんなにたくさん食べてても栄養にはならず
飲み薬を投与してても
毒素の排出が追い付かず、だんだん蓄積していくそうです。

できれば苦しくない最期にしてあげたい・・・

2015年07月23日

治療効果

1週間のうちに皮下輸液2回しました。
体重も100gほどですが増えました。
そこでどのくらい治療の効果がでているかを診るため
また血液検査してもらいました。

治療前
尿素窒素 125.6 (正常値17.6〜32.8)
クレアチン 4.6 (正常値0.8〜1.8)
リン 〉15.0 (正常値2.6〜6.0)測定範囲を超える

治療後
尿素窒素 74.4
クレアチン 3.0
リン 4.0

先生が嬉しそうに、予想以上に効果がでてましたよと話してくれました。
リンの数値が大幅に下がったのは皮下輸液したことで
からだの毒素がおしっこで排出されたからだそうです。
前回より少し多めに採血できたので血糖値も診てもらい
糖尿病からの腎不全ではないことがわかりました。

この結果から今後の治療方針を皮下輸液を週1にして
1日1回自宅で薬を飲ませることにしました。
この薬は今残ってる腎臓の機能に血液を送って動かすためのものだそうです。

2週間後にまた血液検査します。

image1.JPG

今まで見送った猫達は皮下輸液やらステロイドやらと治療しても良くならずに
逆に薬の効果がなくなるとさらに悪化し、どんどん悪くなり亡くなりました。
それでただただ負担をかけさせただけだったのかもと悔やむことがありました。
なのでびーもそうなるなら治療せずに見送ろうと考えてました。
自分のそうした判断が無駄に命を縮める結果になってたかと思うと反省です・・・
とりあえずな気持ちで通院しましたが、連れて行ってよかったーわーい(嬉しい顔)

IMG_3400.JPG

長くても半年と言われてますが、それはそれで寿命だと思い覚悟はできました。

2015年07月16日

自然に・・・は無理

びーの目に涙というか目ヤニというか
どろっとした液体がたまるようになりました。

IMG_3397.JPG

通院せずにこのまま・・・と考えてましたが
寝たきりになる前に診てもらって相談しようと思い通院しました病院

脱水と貧血で検査に必要な血液の3分の1しか採血できず
最低限の検査になりましたが、結果は腎不全で末期の数値でした。
どろっとした液体は目ヤニ。脱水でくぼんた目にたまって
細菌感染しかけてたので抗生剤を注射しました。

先生には通院せずに看取りたい考えがあることを伝え
余命がどのくらいなのかも聞きました。
数値だけの判断で言うと、このまま何もしなければ余命は数日、
皮下輸液することでそれが変わらないかもしれないし、
数週間は頑張れるかもしれないとのこと。

びーの場合は貧血があるから、皮下輸液は週2回程度
脱水が治まれば食欲がもっと出て栄養も取れて貧血が改善されるし
溜まった毒素をおしっこで出すことで少しはからだが楽になるはずだから
一度輸液して様子見るのはどうかとアドバイスをいただきました。

先生と話してる間にびーは疲れたのか診察台でぐったりしてました。
車のなかでずっとないてたしやっぱり負担だったのかな・・・

そんな姿を見ながら悩みに悩んで
とりあえず2、3日皮下輸液した状態を見て
今より食欲がさらに増すようならまた通院しようと思います。

今まで見送った猫達のことを思い出しながら
びーは通院せずに自然にと考えてましたが
やっぱりなにもせずに見送ることはできないですねふらふら

2015年07月13日

最近のハウス

ほったらかし状態のブログにいまさらですが、
最近の我が家について書こうかと・・・わーい(嬉しい顔)

気持ちはあるのですが、にーにが亡くなってから
ずっと保護ができない状態です。
今は我が家の長老に静かな生活をさせてあげたくて。

これは去年の夏の写真です。
IMG_3161.JPG
びーとアリス

去年の秋過ぎからびーちゃんに急に老いがやってきました。
この子は16年ほど前に事故に遭って死にかけていたところを保護した猫です。
現在推定17〜8歳。

いまは
270713.jpg

半年ほどですっかりやせ細り、骨と皮のからだになりました。
長毛がもつれてあちこち毛玉だらけで艶もまったくないです。
毛玉を切ってばかりなので毛の長さはバラバラあせあせ(飛び散る汗)
冬を越せないかもって思ったりもしたけどなんとか今日まで生きてます
・・・が、それもカウントダウンになってきたかもしれません。

動物病院には連れて行っていません。
治る見込みもないしびーちゃんの年齢も考えて通院はやめました。
とにかく好きなものを好きなだけ食べさせて
家族とゆったり過ごすことが大事かなと。

こんなにガリガリでも食欲はあって
固形もウェットも食べてるし、ゆがいたささみも喜んで食べてます。
高い場所も上がれるし、家族にもないてすり寄って甘えます。
ただ昨日の暑さで今日はだいぶぐったりしてます。
水分は自力で取ってますが、きっと追いついてない・・・
やっぱり病院で点滴を・・・と頭に浮かぶけれど
連れていくことで体力を消耗させたくない。

とにかく1日でも長く生きてくれることを毎日願うばかりです。