2011年11月07日

依頼:生後3か月 三毛 

11/20 里親様が決まりました。
ありがとうございました。



野良猫の不妊活動をしている
ボランティア仲間の方が子猫を保護しました。

生後3か月 三毛 メス

体重1キロくらい

まだ保護して間もないので
完全な人馴れはしていませんが、
抱っこするとゴロゴロ言います。

この子を迎えてくれる優しい家族を募集中です。

111101_1131191.jpg

111106_141430.jpg


★健康管理に留意し、食餌に気を使い、病気の時は最後まで適切な治療をしてくださる方

★ご自宅までのお届けを快くご了承してくださる方

★終生家族の一員として大切にしてくださる方

★転居・結婚・離婚・妊娠等で飼育環境に変化があっても、手放さない心構えのある方

★その後の近況を教えてくださる方


子猫達についてのお問い合わせはこちらまで。

cherisher_2008★yahoo.co.jp

(★を@に替えてください)



なお、お問い合わせの際は
1.お名前
2.ご本人の年齢
3.住所
4.固定電話及び携帯電話の番号、メールアドレス
5.希望する子(名前)
6.家族構成、年齢、職業(学年)
7.犬猫の飼育経験(種類、年数、亡くなった理由など)
8.住宅環境(一戸建て、ペット可マンション等)
9.飼育場所(庭、室内等)
10.お留守番の時間

を明記して下さい m(__)m

自己紹介もなく、下さいとだけ書いてあるような非常識なメールには
対応を見送らせて頂きますのでご了承下さい。


この記事へのコメント
いつも保護活動ご苦労さまです。
前回は愛護法改正のご署名くださった皆様、本当に有難う御座いましたm(_ _)m
今回、環境省よりまた新たにパブリックコメントが届いております。
皆様のご協力で「ペットの深夜販売禁止」「生後8週間未満の仔犬・仔猫の販売禁止」など実現する為のものです。
保護しても保護してもキリが無い殺処分。
これらは私達の税金で賄ってます。
そして安楽死ではなく多くの犬猫達はガスで苦しめながら処分します。
息絶えなかった仔達に関しては生きたまま焼却をしています。
繁殖・販売・売れ残りや持ち込みの処分、この悪循環をストップさせる一歩になります。
環境省から集まった署名の数が多ければ通過出来るものも多いのです。
保健所(日本)のやり方と「本当の愛犬家」の違いを日本全国に知らせるべきです!
携帯から簡単に署名が可能なものを作成して下さいました。
皆様、そうかご協力願います。
そしてブログでの宣伝や貼り付け大歓迎です。
友人・知人・ご家族様などの分も同じ場所から署名可能ですので、そうか協力お願い致しますm(_ _)m
ー財団法人どうぶつ基金より転写ー
http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9dwx0di06gzm5pq5Bk
http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9ewx0di06gzm5pqICK
http://k.d.combzmail.jp/t/a9s0/a0u9fwx0di06gzm5pqqEG
Posted by なな at 2011年12月01日 13:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233992158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック