2016年10月23日

出会いは運命

捕獲した野良くん。

無事に去勢手術済ませました。
ただ、血液検査の結果、エイズ陽性でした。
貧血や肝臓などの数値は正常範囲。
レントゲンも異常なし。

先生からは、
エイズ陽性だからといって
普段の生活に何の支障もないし
死ぬまで発症せずに18歳まで生きた猫ちゃんもいますよ
と、陽性反応に過敏になる必要はないとアドバイスいただきました。

1週間後にワクチン接種と検便をします。
さらに1週間後に2度目のシャンプーをする予定です。

術後の野良くんですが
一番心配だったマーキングは今のところしていません。
トイレでちゃんとしてます。お利口さんです。
あちこち爪をとぐこともしてません。

ほんとに人が大好きで、ストーカーのようについてまわり
常にそばに寄り添い、ずーっとゴロゴロのどを鳴らしてます。

sakiti.jpg

なんでこんな子が野良だったんだろう??と不思議でなりません。
でも、もう過去のことを考えても仕方がないので
これからの野良くんの幸せを考えなければ。

この子の仮名は、さきち。
実は野良時代から勝手にこう呼んでいました。
なんとなく思い浮かんだ名前です(笑)

この子猫ような安心しきった寝顔を見ていると
保護してよかったなと思います。

さきち1.jpg

この子は私に捕獲される運命だったのかも。
そして、きっと大事にしてくれる家族と巡りあうはず・・・
posted by りとR at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ほわほわな日々 預かり編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。