2016年08月23日

久々に活動?

アリスの体調がしばらく安定していてホッとしています。
続いていた下痢も飲み薬でやっと止まりました。

少し気持ちが落ち着き、ふと会社のまわりを見ると
今まで見かけたことのなかった猫がいることに気づきました。

実は何年か前に、会社のまわりには子猫が多発していたので
ボランティア仲間の方たちに助けてもらい
成猫数匹を捕獲し、避妊・去勢手術したことがありました。
それ以来、子猫は生まれず、手術した成猫達は
今でも会社のまわりでくつろぐ姿を時々見かけます。

で、その新顔がこちら↓
IMG_3757.JPG

この子、野良のはずだけど、とても人懐っこい。
この春から発情期の猫の鳴き声がいつもよりうるさかったので
もしかしたらこの子だったのかもしれない。
近隣でエサやりをしている会社があるけど
私が手術した猫たちは、エサをもらってても全然人懐っこくない。

撫でながら確認すると、りっぱな男の子だったので、
そのうちこの子も去勢できたらいいなと思います。
ほっとくとまたどこかで子猫が生まれてしまうかもしれない。

こうも人懐っこいと、ついつい
うちに来る?って言いたくなる〜(>_<)

2016年06月29日

退院後

アリス、退院後しばらくは調子が良さそうでした。

IMG_3676.JPG

が、ここ数日下痢が止まりません。
嘔吐もひどくて病院に連れて行きました。
少し強めの吐き気止めと下痢止めの注射をしてもらい、
皮下補液もしました。

嘔吐はなくなり、食欲が戻りましたが
下痢止めが全然効いていない・・・(◞‸◟)

今までフードで下痢するような子ではなかったから
腎不全のせいでなのか、他の病気でなのか、
キャリーが嫌いな子を病院に連れていくのは大変です・・・(◞‸◟)

2016年06月23日

アリス、退院しました

4日間の入院治療で
44まで数値が下がりました。

正常値とまではいきませんでしたが
良い結果です。

IMG_3675.JPG

なので、とりあえず退院です。

帰ってからも食欲旺盛でひと安心。
でも近づくと、キャリーに入れられる!と思うのか逃げようとするので
今後の通院のためにもしばらくそっとしておきます。
逃げてキャリーに入れられなくなるのが今は一番困るので。

2016年06月19日

順番

今年も恒例のサマーカットをしたアリス。

びーちゃんのかわりに寄り添える相手を見つけて
日々を過ごしています。

IMG_3607.JPG

が、ここ1週間ほどで痩せてきたため
もしかしてと思い、病院へ。

・・・予想どおり、慢性腎不全でした。

アリスも高齢猫なので、いつかはと思っていましたが
こんなにも早くそのいつかがやってきました。

今、入院して静脈点滴をしています。
3日ほど点滴をして数値を下げる治療です。
1日目で71⇒58になったので効果は出ているようです。
顔を見に行ったら、にゃあにゃあ甘えてきました。
入院中まったく鳴かず、おとなしすぎて心配していた先生が
アリスが私に甘えてる姿を見て安心してくれました。

どれだけ淋しくても、アリスがびーちゃんのところへ行くには
まだまだ早すぎる。

この点滴でせめて正常値ぎりぎりまで
数値が下がってくれることを願うばかりです。
ラベル:腎不全

2016年02月22日

その後

びーちゃんが逝って、
人間4人、猫2匹、犬2匹で新しい年を迎えましたが
居なくなった寂しさはなかなか埋まりませんね。

アリスは特にびーちゃんが居なくなってからは
甘えがひどくなりました。
ひたすら撫でて〜かまって〜と要求鳴きをするようになり
言い方は悪いですが、ウザいくらいです。

IMG_3538.JPG

後を追うように・・・ということにはならないとは思いますが
やっぱり精神的なものは人間も猫も一緒なのかなぁ

アリスも保護猫なので正式な年齢は不明ですが
おそらく10歳はとっくに超えてるはず。
まだまだ長生きしてもらって一緒に過ごす時間を増やしていきたい。