2009年08月16日

ラブちゃん、今度こそ

家族にしてくれる方を募集していたラブラドールのラブちゃん。
サークルのメンバーにもなった保護主さんから連絡が入りました。

このたび、お見合いを済ませトライアル(お試し)に
いくことになりました。

CIMG2260.JPG

今週末に体調をみてトライアル(お試し)に入ります。

今度こそ良縁に巡り合えたようです。

また正式譲渡が決まったらお知らせしますねわーい(嬉しい顔)



posted by りとR at 18:26| Comment(0) | サークル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

茶白の男の子、正式譲渡

こまちが体調不良で目が離せないため、

今回の譲渡契約には、

メンバーのりょうさんが代理で行ってきてくれました。



そのときの様子がこちらに↓



りょうのたからもの

『はるちゃん、お家に帰る』






里親さんから、

こまちが元気になって食べてくれるようにと

腎臓サポートの処方食と、高価なサプリメントを頂いたと

りょうさんからお届けがありました。



本当にありがとうございましたすいません



りょうさんもありがとう〜すいません




posted by りとR at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

パネル展

パネル展のお知らせです。

サークルのメンバーもお手伝いします。



皆、仕事や家事や育児で忙しい日々のなか

この日のために時間を見つけては準備しています。



私も担当するものが与えられているのですが・・・どうしよって感じ(^_^;)



個人的には、子供達にぜひ来て欲しいと思います。

子供の頃から、『小さな命を守る』ことを知ることで

人にも動物にも思いやりのある優しい気持ちを持って大人になってほしい。





s-panaru.jpg




ご都合のつく方はぜひお越し下さい!
posted by りとR at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

茶トラ女の子、正式譲渡

こまちが調子良くなって来た事もあって、

やっと正式譲渡契約に行くことができました。



みとの子猫、茶トラの女の子です。

名前は むぎちゃん



とってもおてんばだけど、とっても甘えっ子。

お伺いしたとき、家のなかを走りまくって

猫じゃらしで大はしゃぎしてましたダッシュ



cimg2255.jpg




普段は、テーブルのうえには乗らないように

教えているそうですが、今日は特別にお許しが(笑)



みとの子猫達は、みんな細身です。

すごくよく食べてるのに、すごく運動もするからなのかな?

手足も長くて、スラッとしてます。



cimg2256.jpg




新聞のうえに寝転がってきて、

見るのを邪魔してくるのが困りごとだとか笑顔

でも、家族みんなに愛されて幸せいっぱいのむぎちゃんでした!



子猫を家族に迎えていただいたのに、

さらにとってもおいしそうなお土産を・・・なんと自家製のぶどう。



2009080221530000_1.jpg




むぎちゃんとこの地区はぶどうの産地。

箱いっぱいにいただきました。



すっごく甘くておいしくて、しばらくはまりそう〜ハート



本当にありがとうございました!

むぎちゃんのこと、どうぞよろしくお願いしますクローバー


posted by りとR at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

ラブちゃん、お試し決まりました。

先日、ラブちゃんのお見合いに立ち会いました。



cimg2013.jpg




最初は、見慣れない人間に怯えていたラブちゃん。

でもすぐに順応して、ちょっとずつ近寄ってきてくれて

帰る頃にはすっかり仲良しにキラキラ



cimg2014.jpg




あらためてラブちゃんの悲惨な過去を聞きました。

犬にとっては1番楽しみな時間であるはずの御飯のときが、1番怯えるそうです。

たぶんそのときに虐待されていたのではないか・・・と保護主さんは言ってました。



見学に来られたご家族もラブちゃんの過去を聞いて驚愕していました。



2時間ほどじっくり保護主さんと希望者さんでいろいろ話し合い、

ラブちゃんの心の傷が深いこともあり、まずはお試しになりました。

ご家族が傷の深いラブちゃんの一生に責任がもてるかどうか、

またラブちゃん自身がやっていけるかどうか、

お互いにじっくり見てもらうことにしました。



でも希望者さんは、ダメだったら返すなどという中途半場な気持ちではなく

そんなラブちゃんだとわかったうえで、

一生責任をもつ心構えでお試しに入ってくださるというので、

保護主さんもどこか安心しているようでした。



先代わんこもラブラドールだったいう希望者さん。

室内飼育で、寝室にわんこ専用のシングルベッドがあり一緒に寝ていたとか。

先代の子がとても愛されていたお話をたくさん聞かせていただきましたにっこり



保護主さんが強く希望されていた条件



・室内飼育であること

・1頭飼育であること

・一緒に寝てくれること



すべてクリアですキラキラ



cimg2019.jpg




きっと保護主さん以上に愛情を持って迎え入れてくれるご家族だと思います。



ラブちゃん、もうすぐだよ〜クローバー


posted by りとR at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サークル活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。