2010年04月22日

転載:大阪府阪南市 ハスキー迷子情報

2010年4月14日
 
午後8時30分頃にシベリアン・ハスキーのアークが

散歩中に迷子になりました。


o0570038010497227428.jpg

迷子になった地域 大阪府阪南市

地元の泉南警察署、泉佐野保健所には連絡済みです。

o0570038010497273070.jpg

首輪、リードしています。上の写真がそうです。色はオリーブです。

犬鑑札しています。 

登録番号 27232 02905

o0570038010497270944.jpg

aRk(アーク)

犬種名 シベリアンハスキー

毛色  レッド&ホワイト

性別  オス

体長 70p 体高 60p 体重 25kg


o0570038010497273071.jpg

どんな小さな情報でも良いのでお待ちしています。
どうかよろしくお願い致します。

Eメール   corgi.aru@gmail.com

泉南警察署  072−471−1234

泉佐野保健所 072−464−9688



転載元:アルときどきアーク



目撃情報が寄せされてますが、まだ保護されていません。
1日も早く飼い主さんのところに戻れますように!!

posted by りとR at 15:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

引き取るだけがボランティアじゃない

先日、私の元にこのような情報が届きました。

・10歳くらいのハスキーで大人しい
・つながれっぱなし
・小屋のまわりに糞尿
・飼い主は可愛がってくれる人がいるなら手放すつもり

なに?!ハスキーですって!がく〜(落胆した顔)

この情報をくれたのは、いつもお世話になっている
ベテランボラのチャコママさん。
最近、保護され譲渡となったワンコの里親さんから
近所にこんな子がいるのよ〜って話があって、
チャコママさんが見に行って、私に教えてくれました。

ハスキーと聞いちゃあ、いてもたってもいられず
仕事帰りにその子を見に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

画像-0901.jpg

これはチャコママさんからいただいた写真ですが、
私が見に行ったときには、この小屋の前にでっかいうん〇が
そのままにしてありました。
長年の糞尿のニオイがしみ込んでとても臭かった。

車庫のすみっこに置かれた小屋はボロボロ。
茶色く錆びた鎖が、繋がれている月日を感じさせました。

画像-0907.jpg

これもチャコママさんからいただいた写真です。
私が見に行ったときは、夜だったので小屋から出てきませんでした。

その後、教えていただいた里親さん宅に寄り、
この子についていろいろお話を聞かせていただきました。

当時、この子を飼うことになった会話によると、

飼い主 :『今度、子犬もらうんや〜』
近所の人:『どんな犬や?』
飼い主 :『ハスキーの子犬や』
近所の人:『ハスキーいうたら、大きくなる犬やね』
飼い主 :『えーそうなん?』

という感じで、飼い主さんは軽い気持ちで貰ってきたらしいです。
若い頃は何度か脱走して、
近所中を大騒ぎして探したこともあったとか。

しかし、ここ何年も散歩に連れ出している様子もなく、
糞尿のにおいもするし、この子の前を犬を連れて散歩しても
鳴くわけでもなく、ただじっと小屋のなかにいる
大人しい子だそうです。

飼い主さんは忙しくしているご家族らしくて
近所でも、なかなか連絡がつかないとか。

ひととおり、里親さんから話を聞いて、
私はこの時点で、飼い主さんがこの子を邪魔だと思っているなら
引き取ろうと思っていました。
こんな状態で、あと数年の余生を過ごすのかと考えたら不憫で・・・もうやだ〜(悲しい顔)


そして次の日に、里親さんが飼い主さんから直接この子について
話を聞いてくれたと連絡がありました。

そこでわかった正確な情報は

・13歳のメス
・5歳くらいまではフィラリア予防はしていた
・日曜日は散歩に連れていってる
・可愛がってくれる人がいるなら貰ってくれていい

あとは私と飼い主さんとの話し合いだ、ということでした。

私も家族に、こんな子がいるんだけど・・・という話をしたのですが、

『引き取るだけがボランティアじゃないだろう』

と言われ反対されました。
13歳で引き取ればすぐに介護生活になるというのが理由。

3年前に亡くした愛犬のハスキーで介護の大変さを
よくわかっているから、家族がそう言うのも無理ないです。
この介護で、私は精神的にも肉体的にも疲れ果ててしまい、
家族にものすごく心配をかけました。

子犬の頃から16年間ずっと一緒に居たからこそ
どんなに大変でも乗り越えられたのだと思います。

だから家族にしてみれば、そんな数ヶ月飼ったくらいで
そこまでの世話ができるのかということでした。

さらに、これから医療費がかかるって歳になって
その飼い主さんが手放すって言ってることに納得がいかないのもあり、
人から見ればひどい飼い方でも、13年も生きているのなら、
それなりに飼い主は世話をしているってことだから、
引き取るのではなく、お手伝いするだけでいいんじゃないかと。

忙しくて散歩に行けないなら、
時々散歩に連れ出してあげるだけでもボランティアだと思うし、
そのハスキーが余生を快適に過ごせるように、
飼い主さんにアドバイスするのも立派なボランティアになると思う。

というのが、家族からの意見でした。

また犬好きなボランティアさん達と一緒にランチをする機会があり、
そのことについて相談しました。
犬飼育歴が長く、高齢のワンコがいるボラさんも
同じことを言ってました。

飼い主に犬のことを考えさせるのも大事なことだと。

散歩にも連れて行かず、つなぎっぱなしの犬は
このハスキーだけじゃありません。この子はまだマシなほうです。
他にもひどい飼い方されいる犬の情報が届いてます。
それも一度見に行かなければ・・・と思っています。

今回は好きな犬種だから余計に気になってしまいましたが、
家族やベテランボラさん達が言うように、
この飼い主さんには、引き取ると言うのではなく、
時々散歩に連れ出してもいいか許可をもらおうと思います。


今の私にできるせめてもの気持ちですあせあせ(飛び散る汗)


posted by りとR at 11:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

何が起こるかわからない

それは突然の悲報でした。

私の家族の幼馴染で親友でもあった子が
幼い子供3人を残して、この世を去っていました。

しかもこの世を去った日が私の誕生日だった。
自分の誕生日が知り合いの命日になるなんて・・・

なぜこんなことになったのか誰もわかりません。
親友だった私の家族も彼女の親でさえも。
今思えば・・・という推測しかできず、
もっと気に掛けてあげればよかったと後悔する私の家族。

子供の頃から知っている彼女の死は私も信じられません。
いったい彼女に何があったのか・・・
何がそうさせたのか・・・






どうか彼女が安らかな眠りにつけますように。
今はただただ、彼女の冥福を祈るしかありません・・・

posted by りとR at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

リアルファー

おお〜あったかいるんるん

これぞ、まさにリアルファー?ってことでパシャカメラ

2010011012130000.jpg

飼い猫の『びー』です。
我が家の家族になって10年経ちました。
何をされても怒らないので、子供達にされるがままあせあせ(飛び散る汗)

2010011012130001.jpg

リアルファーって動物の毛皮なんですよ。
私もボランティアをするようになって知りました。

参考にどうぞ=毛皮はいらない

でもふわふわの毛がついているフード付きの服って
やっぱり可愛いし、買いたくなりますよね。

だから、リアルファーという言葉を知ってから
そういう服を買うときは、まず表示を見て、

(ファー部分)アクリル ○%、ポリエステル ○%

って書いてあることを確認するようになりました。
フェイクファーということです。

この前、あるショップに行った時に、

(ファー部分)タヌキ 100%

って書いてある服を見つけてしまって絶句・・・がく〜(落胆した顔)
ほんとにあるんだ・・・こんなことがく〜(落胆した顔)
初めて見たリアルな表示。

セールで3,990円。
ファーの部分は殺されたタヌキのことを思うと
怖くて触ることができませんでした。

リアルファーがどういうもので、
どのような過程で作られるのかを知らなければ、
値段と色と形を見て買っていたかもしれない。
そんな表示は見ようとしなかったと思います。

ちょっと知るだけで見方が変わります。

知らなかった方、気にして見てください。
そして、フェイクファーのものを選んでください。

posted by りとR at 11:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

映画『犬と猫と人間と』

この映画、石川県では上映されなさそう・・・バッド(下向き矢印)

10月10日(土)から公開されてます。




【ストーリー】
空前のペットブームの影響で、日本国内で年間30万頭以上の犬猫が
処分されている実態に迫るドキュメンタリー。
監督は「あしがらさん」で路上生活者暮らしを記録した飯田基晴。
地道に捨て猫の世話をしてきた猫好き老人が、
「動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」と
飯田に話を持ちかけたことが企画の発端となり、
飯田は処分を行う行政施設、保護を行う動物愛護団体などを訪ね、
動物を取り巻く人間模様をカメラに収めていく。


オフィシャルサイト

見たいなぁ〜ふらふら
タグ:映画 人間
posted by りとR at 15:53| Comment(0) | 気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする