2015年09月07日

顔の腫れ

顔の腫れに対していろいろ治療してみましたが
どんどん腫れてしまい
image1.JPG
顔が変形しました。

毎日ひどい目ヤニを拭いてたら
突然ほっぺから血がボタボタ垂れてきてびっくり!

翌日病院に連れて行き、血が出たところを洗浄してもらったら
ほっぺに大きな穴が・・・

触診ではありますが、先生が言うには
顔の腫れは鼻の横というか奥にできた腫瘍が原因で
ほっぺに開いた穴は歯茎からのバイ菌が膿んで出来たものだそうです。
口内炎にはなっていなくて、奥歯の歯茎が赤くなっているのが確認できました。
私が目ヤニだと思っていたものが、膿に変わっていました。
腫瘍が先か歯茎の炎症が先かはわかりませんが
どちらかが刺激になり今に至るようです。

穴の洗浄はしみて痛いようで、細い体なのに大きな声で泣き叫んでいました。
あとは皮下補液と、前回から2週間経過したので新たに抗生剤を注射。

びーにとって一番疲れた通院だったと思います。

image2.JPG

こんな状態でも食欲は旺盛でパウチも好き嫌いします。

2015年09月01日

9月を迎えれました

びー、なんとか9月を迎えることができました。

・・・が、8月後半から顔半分が腫れてます。
IMG_3415.JPG

口の中が原因で、1回目は抗生剤とステロイド剤で腫れが治まりましたが
薬の効果がなくなった2週間後に再び腫れてきました。

2回目は抗生剤とレーザー治療。
腫れてる部分にレーザーをあてて奥に潜むバイ菌をやっつける方法。
ステロイド剤よりも体に優しいとのことやってみました。
しかし腫れは治まらず、目があけられない状態に。

3回目は抗生剤とレーザー治療とステロイド剤。
腫れで目が開けられず、目ヤニと鼻水も。
抗生剤の目薬を1日3回自宅で点眼することになりました。

今も腫れがひかず、目があけにくそうで目ヤニもひどい。
腫れてる原因が歯肉炎なのか腫瘍なのか・・・それを探るのは難しそうな感じです。
高齢だし、体力もないし、どうすることもできなさそう。

1週間に1回の皮下補液と飲み薬は続けていて
食欲はあるようですが、食べれる量が減ってきています。
いつかまったく食べなくなる日が来ると聞いてますが
その日がもうすぐなのではと怖いです。

2015年08月07日

食欲が大事

毎日暑い日が続きますね。

IMG_3408.JPG

アリスはいつもこんな感じでだらーんとしてます
足としっぽの太さが一緒(笑)わーい(嬉しい顔)
サマーカットが少し伸びたのでそろそろまた丸刈りにしないと・・・美容院

びーは3回目の血液検査をしました。
今回はたっぷり血がとれて肝臓の数値も診れました。

2回目よりもまた毒素の量をあらわす数値が下がりました。
飲み薬と週1の皮下補液の効果が持続できてるみたいです。
とはいっても、いつ腎臓の機能が停止してもおかしくはない状態。
この8月は越せそーだけど、じゃあ9月は?というと微妙・・・ふらふら
肝臓は特に目立つ問題はなく、高齢だから、という程度。
いまはとにかく暑くても食欲が落ちないのがなによりで
腎臓サポートを嫌がらずに食べてくれてることが延命になってるようです。

がんばろー、びーちゃん。

2015年07月30日

通院日

びー、通院日でした。
週1になった皮下輸液の日。
体重が80g落ちました。
毛玉のせいで皮膚の薄皮が剥がれたので
塗り薬をもらいました。

自宅では毎日1回飲み薬を投与してます。

いまのところ、食欲旺盛。
1日4回〜5回にわけて腎臓サポートを2袋食べてます。
時々、スープタイプの総合栄養食にしてみたりと
できるだけ水分を自力で摂取できるようにと工夫中。

先生からはいつ食欲がなくなってもおかしくないと言われてます。
食欲がなくなり、ぐったりして動かなくなったときが覚悟の時だと。
いまどんなにたくさん食べてても栄養にはならず
飲み薬を投与してても
毒素の排出が追い付かず、だんだん蓄積していくそうです。

できれば苦しくない最期にしてあげたい・・・

2015年07月23日

治療効果

1週間のうちに皮下輸液2回しました。
体重も100gほどですが増えました。
そこでどのくらい治療の効果がでているかを診るため
また血液検査してもらいました。

治療前
尿素窒素 125.6 (正常値17.6〜32.8)
クレアチン 4.6 (正常値0.8〜1.8)
リン 〉15.0 (正常値2.6〜6.0)測定範囲を超える

治療後
尿素窒素 74.4
クレアチン 3.0
リン 4.0

先生が嬉しそうに、予想以上に効果がでてましたよと話してくれました。
リンの数値が大幅に下がったのは皮下輸液したことで
からだの毒素がおしっこで排出されたからだそうです。
前回より少し多めに採血できたので血糖値も診てもらい
糖尿病からの腎不全ではないことがわかりました。

この結果から今後の治療方針を皮下輸液を週1にして
1日1回自宅で薬を飲ませることにしました。
この薬は今残ってる腎臓の機能に血液を送って動かすためのものだそうです。

2週間後にまた血液検査します。

image1.JPG

今まで見送った猫達は皮下輸液やらステロイドやらと治療しても良くならずに
逆に薬の効果がなくなるとさらに悪化し、どんどん悪くなり亡くなりました。
それでただただ負担をかけさせただけだったのかもと悔やむことがありました。
なのでびーもそうなるなら治療せずに見送ろうと考えてました。
自分のそうした判断が無駄に命を縮める結果になってたかと思うと反省です・・・
とりあえずな気持ちで通院しましたが、連れて行ってよかったーわーい(嬉しい顔)

IMG_3400.JPG

長くても半年と言われてますが、それはそれで寿命だと思い覚悟はできました。